いちご狩り

BLOG
2021/02/05

スタッフのSです。

毎年この時期には、いちご狩りに行っていたのですがコロナ禍になって

緊急事態宣言発令中なので行けないのがとても残念です。

まずはおいしいいちごの食べ方から紹介したいと思います。

店頭で並んでいるときに見てほしいのが、ヘタの部分です。

ヘタがいちご側ではなく上向きに反っているものの方が甘いです。

大きさも全体的に均等なものが甘みのバランスがいいです。

そしていざ食べるときは、ヘタをとったほうから食べてください。

ついつい、先端から食べてしまいますがヘタ側から食べるほうが

酸味と甘みをバランスよく味わえます。

 

いちごの品種もどんどん増えてますね。

まだまだ食べていない品種もありますが私の一押しのご紹介です。

いばらキッス・・・茨城県のオリジナル品種です。

とちおとめに似た味です。茅ケ崎市内の八百屋さんで発見したときには

嬉しくてお店の方にも継続的に置いてくださいとお願いしたことがあります。

そして緊急事態宣言が解除されたら行きたいいちご狩りのおススメです。

いちご農園は水耕栽培(高設ベンチ栽培)の場所が多いです。

小さなお子さんがいたり、ベビーカーのまま入れたり

足元が汚れないという点で人気があります。

私は土耕栽培派です。味の違いを感じると思うので是非参考にしてみてください。

栃木県 

益子観光いちご団地

とちおとめのみの土耕栽培の農園です。

茨城県

中村いちご園

紅ほっぺといばらキッスが食べられる土耕栽培の農園です。

 

 

また美味しいいちごを見つけたら紹介しますね。

明日はいちご買いにいかなきゃ!!